IPO実現、M&A、事業承継の最強のパートナー会計士集団

株式会社日本中央会計事務所/日本中央税理士法人

運営管理者:公認会計士 青木 寿幸
〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4階
今すぐ電話!03-3539-3047

  • 次に当てはまる会社はぜひ、ご相談く下さい!
  • 会社を大きく、強くするためのデキる会計士が欲しい!
  • IPO、M&A、事業承継にメチャメチャ詳しい会計士が欲しい!
  • とにかく分かりやすく説明してくれる会計士が欲しい!

今すぐクリック!お問い合わせはこちら

世界で一番簡単なIPO入門ブログ〜IPOしたい!!ブログ〜

  • トップページ
  • 無料小冊子『会計士が違うとIPO、M&A、事業承継はこれだけ損をする!』

財務担当者、経営者必見!無料小冊子『会計士が違うとIPO、M&A、事業承継はこれだけ損をする!』

IPOを実現するために!!

間違い!
IPO(上場)とは、株式を発行してお金を集めることだ。
間違い!
親族が増資を引き受けるときにも計算根拠があれば、株価はいくらでもよい。
間違い!
IPO(上場)準備の段階で、持株会社を作ると節税対策になる。
間違い!
1億円以上を増資したが株主は1人なので、どこにも届出は必要ない。
間違い!
ストックオプションを発行すれば、従業員持株会は必要ない。

M&Aを成功させるために!!

間違い!
「どんな会社でも買いたい」という情報を発信していれば、売り手が集まる。
間違い!
将来性がある会社は、時価純資産価額など無視して、DCF法で評価する。
間違い!
M&Aで買う会社が保有する不動産は路線価で、保守的に評価する。
間違い!
M&Aで会社を買うときには、財務デューデリジェンスが最も重要になる。
間違い!
売り手の社長との契約とお金の決済によって、M&Aは成立する。

事業承継をスムーズにするために!!

間違い!
相続対策とは相続税対策(節税)をすることだ。
間違い!
贈与税が無税の範囲で、毎年、株式を子供に贈与する。
間違い!
含み損のある不動産を保有していれば、相続税が安くなる。
間違い!
社長の会社への貸付金を返してもらい、納税に使う。
間違い!
相続のときに自動的に親族に渡ってしまう株式はあきらめる。

無料小冊子『会計士が違うとIPO、M&A、事業承継はこれだけ損をする!』申込みフォーム

は必ずご入力ください。
お名前
フリガナ
会社名
電話番号
E-mail

▲TOPへ戻る

  • 今すぐクリック!株式評価.comのお問い合わせフォームはこちら

株式会社日本中央会計事務所/日本中央税理士法人